目の下のくまの治療法|ニキビ跡にはレーザーが効果抜群|長年の悩みと決別

ニキビ跡にはレーザーが効果抜群|長年の悩みと決別

婦人

目の下のくまの治療法

婦人

くまの種類

目の下の「くま」が目立ってしまうと、実年齢よりかなり老けて見られてしまい、現在多くの女性が悩んでいるとされています。また周囲から疲れているのでは、睡眠が足りていないのでは、と不健康な印象を与えてしまう大きな要因ともされています。この目の下の目立つくまは、美容整形外科での適切な治療により改善が可能です。近年では男性の美意識の高まりから、くまを治療したいと相談に来られる男性も、年々増加傾向にあるとされています。くまは大きく分けて3つのタイプに分けることができ、そのタイプによって適切な治療法も異なります。まず目の下の皮膚の「たるみ」が原因で現れる、黒々としたタイプのものを「影クマ」と言います。そして目の下の脂肪が加齢などで減少し、血管や眼輪筋が透けて、赤紫色の状態のくまを「紫クマ」と言います。最後に目の擦り過ぎや、メイクの厚塗り、間違ったマッサージなどを行って、目の下に色素沈着が起きているタイプを「茶クマ」と言います。

種類に適した治療法

美容整形外科での目の下のくまの治療は、くまのタイプによって大きく異なります。まず黒々とした「影クマ」と呼ばれるタイプは、皮膚のたるみの原因である、余分な「眼窩脂肪」を取り除く治療法が基本となります。取り除くと言っても皮膚を切開する必要はなく、下まぶたの裏に小さな穴を開け、その穴から脂肪を取り除くことが可能な為、目立つ傷が残ることもありません。次に「紫クマ」の美容整形外科での治療は、目の下広範囲に「脂肪を注入」する治療法が一般的です。この治療法は、くまの改善だけでなく、目の下の小じわの除去にも効果的とされています。最後に色素沈着が原因である「茶クマ」は、レーザー治療や薬剤による治療が基本となります。目の下のくまは、セルフマッサージや市販の塗布薬などのセルフケアでは除去は難しく、逆に悪化してしまうこともあります。くまの色味が目立ち始めたら、早期に美容整形外科の専門医に、相談を行うことをお勧めします。